【おススメの腹筋(腹直筋・腹斜筋)トレーニング、ボールクランチについて】

最終更新: 5月6日


ご覧の皆様こんにちは!

どうも、僕です!

北九州市小倉南区の

パーソナルトレーニング&ダイエット

IMANAMI GYM (イマナミジム)

トレーナーの今浪勉です!

IMANAMI GYM ホームページ↓

https://www.imanamigym.com/


オンラインダイエットコース↓

https://www.imanamigym.com/ond


今回のブログは

おススメの腹筋トレーニング

ボールクランチについて

お話します。


腹筋には

腹直筋(フクチョクキン)や

腹斜筋(フクシャキン)

腹横筋(フクオウキン)など

いくつか種類があり


腹直筋は

お腹の前側にある

6個に割れて見える筋肉で

腹斜筋はその横

左右の脇腹にある筋肉です。

この腹直筋と腹斜筋には

背筋を丸める(脊柱を屈曲する)

働きがあるので↓のように

床に仰向けになった状態から

背筋を丸めるように起き上がる

クランチというトレーニングで

刺激する事ができます。


クランチを行う際に動かしたい

背骨の中の胸椎という部分

上から8~19番目(↓青部分)は

前に約35°

曲げる事(屈曲)ができ

後ろにも約25°

反る事(伸展)ができるので


背筋を丸めて

前に起き上がるだけでなく

背筋を反って

後ろにも伸ばしたい所ですが


床でクランチを行う場合

背中が床に当たってしまう為

背筋が真っ直ぐになった状態以上に

背筋を反る(脊柱を伸展する)事ができません。


そこでおススメなのが

ボールクランチです。


ボールクランチは↓のように

バランスボールなどの上に

仰向けになった状態で

クランチを行うトレーニングで

ボールを使うことにより

床で行うクランチよりも

背筋をより反る事ができるので

腹直筋などを

より強く刺激できます。


床に寝て行うクランチと

ボールクランチを

並べて見ると↓

ボールクランチの方が

動く幅(緑矢印)が

大きい事がよくわかると思います。

床で行うクランチも

腹直筋などを

刺激する事は出来ますし

いきなりボールクランチをやっても

上手くできない事もあるので


まずは、

床でのクランチから行い

上手くできるようになったら

ボールクランチを行ってみましょう。


より強く

腹筋が刺激されているのが

わかると思います。

というわけで

腹筋(腹直筋・腹斜筋)を

刺激したい方!

ボールクランチおススメですよ!

というお話でした!


↓この他の記事も是非ご覧ください↓

IMANAMI GYM 公式ブログ

ではでは 本日はこの辺で 失礼致しマッスル!\(^o^)/


※腹直筋・腹斜筋の画像は

筋肉の名前としくみ辞典(成美堂出版)より

※脊柱の画像は

プロメテウス解剖学アトラス第2版より

引用させて頂きました