【インクラインベンチプレスで大胸筋上部が刺激される理由】

最終更新: 5月6日


ご覧の皆様こんにちは!

どうも、僕です!

北九州市小倉南区の

パーソナルトレーニング&ダイエット

IMANAMI GYM (イマナミジム)

トレーナーの今浪勉です!

IMANAMI GYM ホームページ↓

https://www.imanamigym.com/


オンラインダイエットコース↓

https://www.imanamigym.com/ond


今回のブログでは

インクラインベンチプレスで

大胸筋上部が刺激される理由

についてお話します。


大胸筋(ダイキョウキン)は

胸にある大きな筋肉(青枠)で↓

インクラインベンチプレスは

ベンチの背もたれを

斜めに起こした状態で行う

ベンチプレスです↓

大胸筋には

横に広げた腕を前に動かす

肩関節の水平屈曲↓という

働きがあり

この水平屈曲の動きに

負荷がかかる

ベンチプレスを行う事で

大胸筋を刺激できるのですが


大胸筋は

どの骨にくっついているかによって

上部、中部、下部の

3つにわける事ができ↓

鎖骨にくっついている

上部線維(黄色枠)には

水平屈曲の他に

腕を前に持ち上げる

肩関節の屈曲↓という

働きもあります。

フラットのベンチプレスと比べて

インクラインの状態で行う方が

この屈曲の動きが

大きくなるので

大胸筋上部をより強く

刺激する事ができます。


並べて見ると

インクラインの方が

屈曲の動きが大きいのが

わかります↓

背もたれを

高く起こせば起こすほど

屈曲の動きも大きくなりますが

高く起こしすぎると

肩の筋肉(三角筋)に

負荷が逃げてしまうので


インクラインベンチプレスを

初めて行う方は

背もたれを30~40°程度

起こした状態で行う事を

おススメします。

というわけで

インクラインベンチプレスで

大胸筋上部が刺激されるのは

屈曲の動きが大きくなるから!

というお話でした!


↓この他の記事も是非ご覧ください↓

IMANAMI GYM 公式ブログ

ではでは 本日はこの辺で 失礼致しマッスル!\(^o^)/


※大胸筋の画像は

プロメテウス解剖学アトラス第2版より

引用させて頂きました