【トレーニングのやり過ぎは逆効果?筋肉を壊すホルモン、コルチゾルについて】

最終更新: 4月23日


ご覧の皆様こんにちは!

どうも、僕です!

北九州市小倉南区の

パーソナルトレーニング&ダイエット

IMANAMI GYM (イマナミジム)

トレーナーの今浪勉です!

オンライン・ダイエットはコチラ↓

https://www.imanamigym.com/ond


今回のブログは

筋肉を分解するホルモン

コルチゾルについて

お話します。


ダイエットや

筋肉量アップなど

何か目標に向かって

トレーニングを行う場合


ついつい

トレーニングを

頑張り過ぎてしまう事が

ありますが

長時間のトレーニングは

あまりおススメできません。


私たちが

激しいトレーニングを行い

体がストレスを受けると


脳の視床下部という所から

「副腎皮質刺激ホルモン

放出ホルモン」(CRH)

が分泌されます。


CRHが分泌されると

脳の下垂体から

「副腎皮質刺激ホルモン」(ACTH)

が分泌され


ACTHが分泌されると

腎臓の上にある

副腎皮質から

コルチゾルという

ホルモンが分泌されます。


コルチゾルが

過剰に分泌されると


成長ホルモン

(筋肉を増やし

脂肪の分解を促進する)

が減るほか


筋肉を分解して

糖質に変える

糖新生という働きも

強くなってしまいます。


つまり、

激しいトレーニングを

長時間行うと

コルチゾルという

ホルモンが分泌され

トレーニングの効果が

出にくくなる。

ということです!


コルチゾルの

過剰な分泌を防ぐ為

トレーニングは

1時間程度で終わる事を

おススメします!


というわけで

トレーニングは

やり過ぎないように

気を付けましょう!

というお話でした!


ではでは、

本日はこの辺で

失礼致しマッスル!\(^o^)/


2ヶ月間集中ダイエット!

無料カウンセリング受付中!

詳しくはコチラ↓

https://www.imanamigym.com/


2ヶ月でスリムになれる!

オンライン・ダイエットはコチラ↓

https://www.imanamigym.com/ond

※無料カウンセリング受付中!


機能解剖学セミナー動画

販売はコチラ↓

https://filmuy.com/imanami-k


今浪勉の著書はコチラ↓

ダイエットするなら知っておきたい10の事


↓この他の記事も是非ご覧ください↓

IMANAMI GYM 公式ブログ