【内もも(内転筋)を刺激するトレーニング!ワイドスクワットについて!】



ご覧の皆様こんにちは!

どうも、僕です!

北九州市小倉南区の

パーソナルトレーニング&ダイエット

IMANAMI GYM (イマナミジム)

トレーナーの今浪勉です!

オンライン・ダイエットはコチラ↓

https://www.imanamigym.com/ond

今回のブログは

内ももを刺激するトレーニング

ワイドスクワットについて

お話します。


スクワットは

脚やお尻などを刺激する

トレーニングで

自分の身体だけで行える為

自宅でも行いやすい

トレーニングの1つです。


スクワットは

行う際の足の幅で

強く刺激される部位が変わり


内もも(太ももの内側)を

刺激したい場合には

足幅を大きく開いて行う

ワイドスタンススクワット

がおススメです。


内ももには

内転筋という筋肉があり

この筋肉は

足を閉じる内転という

動きを行う際に働きます。

脚を開く動きが外転

脚を閉じる動きが内転です。


足を肩幅程度に開いて行う

通常のスクワット↓と比べ

足を大きく開いて行う

ワイドスタンススクワット↓の方が

脚を内転、外転させる幅

(写真の中の赤い扇形の部分)が

大きいい事がわかります。


足を内転、外転させる幅が大きいので

ワイドスタンススクワットで

内もも(内転筋)を

強く刺激する事ができます。


ワイドクワットを行う際は

つま先を外側に向け

肩幅の1.5倍程度を目安に

足幅を開いて行うのがおススメです。


また、

内転、外転の幅を大きくする為

無理のない範囲で

なるべく深くしゃがんで行いましょう。


というわけで

内もも(内転筋)を刺激する

ワイドスクワットについての

お話でした!


ではでは 本日はこの辺で 失礼致しマッスル!\(^o^)/


2ヶ月でスリムになれる!

オンライン・ダイエットはコチラ↓

https://www.imanamigym.com/ond

※無料カウンセリング受付中!


機能解剖学セミナー動画

販売はコチラ↓

https://filmuy.com/imanami-k


今浪勉の著書はコチラ↓

ダイエットするなら知っておきたい10の事


↓この他の記事も是非ご覧ください↓

IMANAMI GYM 公式ブログ