【サイドレイズ(肩のトレーニング)について】

最終更新: 5月5日


ご覧の皆様こんにちは!

どうも、僕です!

北九州市小倉南区の

パーソナルトレーニング&ダイエット

IMANAMI GYM (イマナミジム)

トレーナーの今浪勉です!

IMANAMI GYM ホームページ↓

https://www.imanamigym.com/

オンラインダイエットコース↓

https://www.imanamigym.com/ond


今回は

サイドレイズ(肩のトレーニング)について

お話します!

サイドレイズは↓この状態から

脇を開いて肩の高さまで

ダンベルを持ち上げる

三角筋(さんかくきん)という

肩の筋肉を刺激するトレーニングです!

このサイドレイズで

的確に三角筋を刺激するには

大切なポイントがあります!

それは↓

肩を下した状態で行う事!

(肩をすくめない事)

三角筋は鎖骨と肩甲骨から

二の腕に着く肩の筋肉で

肩関節を外転させる働きがあり

(背中側から見た右肩)

肩関節の外転というのは

気をつけの状態から脇を開く動きなので

ダンベルを持ってこの動きを行うとで

三角筋を刺激する事ができます!

ですが、

サイドレイズを行う際に

↓のように肩がすくんでしまうと

僧坊筋(そうぼうきん)という

別の筋肉が強く働いてしまい

三角筋を上手く刺激する事ができません!

なので、

サイドレイズを行うさいは

↓のように肩を下した状態で行いましょう!

ちなみに、

↓のように

肩をすくめた状態のまま

脇を開いてみると

肩の高さまで開く事が難しく

また、首筋から背中上部にかけての

僧坊筋が強く働く感じがわかると思います。

サイドレイズを行う際は

肩がすくまないように

意識する事が大切ですが

ダンベルの重量が重すぎると

いくら意識しても

肩がすくみやすくなってしまうので

意識してもどうしても

肩がすくんでしまう。という方は

一度軽いダンベルで練習する事を

おススメします!

というわけで

サイドレイズは肩を下した状態で

行いましょう!

というお話でした!

ではでは 本日はこの辺で 失礼致しマッスル!\(^o^)/