【筋トレは大きく動かす】

最終更新: 5月5日


ご覧の皆様こんにちは!

どうも、僕です!

北九州市小倉南区の

パーソナルトレーニング&ダイエット

IMANAMI GYM (イマナミジム)

トレーナーの今浪勉です!

IMANAMI GYM ホームページ↓

https://www.imanamigym.com/

オンラインダイエットコース↓

https://www.imanamigym.com/ond

お客様より

「重たいダンベルを小さく動かすのと

軽いダンベルを大きく動かすのは

どちらがいいですか?」

というご質問を頂きましたので

お答えします。

基本的には

筋トレは大きく動かしましょう!

理由は↓

大きく動かした方が

ネガティブ(重りを下す時の)刺激や

ストレッチ(筋肉が伸ばされる)刺激が増え

効率よく筋肉を刺激できるから。

ですが、

大きく動かすといっても

関節が動く幅いっぱいに動かす

という事ではありません。

例えばアームカールという

腕(力こぶ)のトレーニングは

↑のようにダンベルを持って

肘を曲げ伸ばししますが

ダンベルを下した時に

肘を完全に伸ばしきってしまうと

腕の力が抜けてしまうので

実際は肘が伸びきる

少し手前で止め切り返します。

このように筋トレは

筋肉から力が抜けない幅の中で

出来るだけ大きく動かしましょう。

こうする事で

効率よく筋肉を刺激できます。

ですが、

使うダンベルが軽すぎても

刺激が減ってしまうので

大きく動かせる幅の中で

なるべく重たいダンベルを

使う事も重要です。

というわけで

筋トレは筋肉から力が

抜けない範囲で大きく動かしましょう!

というお話でした!

ではでは 本日はこの辺で 失礼致しマッスル!\(^o^)/