【ヒップスラスト(お尻のトレーニング)について】

最終更新: 5月5日


ご覧の皆様こんにちは!

どうも、僕です!

北九州市小倉南区の

パーソナルトレーニング&ダイエット

IMANAMI GYM (イマナミジム)

トレーナーの今浪勉です!

IMANAMI GYM ホームページ↓

https://www.imanamigym.com/

オンラインダイエットコース↓

https://www.imanamigym.com/ond

今回は

ヒップスラストという

お尻のトレーニングについて

お話します!

ヒップスラストはこのように

ベンチなどに上半身を当て

股関節にバーベルなどを乗せて

上下させるトレーニングで

お尻のほっぺたの部分にある

大臀筋(だいでんきん)という

筋肉をメインに刺激する

トレーニング種目で

以前からあるトレーニング種目ですが

テレビなどでよく紹介されているからか

最近やり方を尋ねられる事が増え

特に、ヒップアップを目指す

女性の方に良く聞かれます。

ヒップスラストは

大臀筋(だいでんきん)を

(↑お尻を背中側から見た図、赤い所が大臀筋)

刺激する事が出来るので

ヒップアップした方におススメの

種目の1つではありますが

大臀筋を刺激するには

行う際のポイントがあります!

それは、

股関節をしっかりと伸展させる事!

どういう事かというと

大臀筋の働きは股関節を

伸展(しんてん)させる事です。

股関節の伸展というのは

曲がった状態の股関節を伸ばす

↓のような動きの事で

反対に、股関節を曲げる動きは

屈曲(くっきょく)といいます。

大臀筋の働きは

股関節の伸展なので

ヒップスラストを行う際も↓のように

股関節をしっかり伸展させたいのですが

実際にフォームを見せて頂くと

↓のように股関節はあまり伸展せず

脊柱(背骨)を丸めて

バーベルを持ち上げている方が

多々いらっしゃいます。

このフォームでは

バーベルは持ち上げれても

大臀筋を強く刺激する事はできません。

このようなフォームになってしまう

1つの原因として

バーベルなどの負荷が

重すぎる可能性があります。

どうしても背中が

丸まってしまう場合は

一度、しっかりと股関節を

伸展できる重さまで

重りを減らしてみる事を

おススメ致します!

というわけで

ヒップスラストを行う時は

股関節をしっかりと

伸展させましょう!

というお話でした!

コチラ↓の記事も是非ご覧ください。

【ゴムチューブを使ったスクワット(お尻のトレーニング)について】

【デッドリフトは脚?背中?どっちのトレーニング?】

【スクワットでお尻を刺激する際の注意点】

ではでは 本日はこの辺で 失礼致しマッスル!\(^o^)/