【筋トレで狙った筋肉を意識できない時は?】


ご覧の皆様こんにちは!

どうも、僕です!

北九州市小倉南区の

ダイエット&パーソナルトレーニング

IMANAMI GYM (イマナミジム)

トレーナーの今浪勉です!

IMANAMI GYM ホームページ↓

https://www.imanamigym.com/

「ヒップアップの為に

スクワットでお尻の筋肉を刺激したいのに

いくら、お尻の筋肉を使うんだ!と意識しても

お尻に効いた感じがありません

どうすればお尻の筋肉を意識できますか?」

といご質問を頂きましたのでお答えします。

筋トレを行う際に

刺激したい筋肉を意識しながら行うと

より強く刺激できるという話は

皆さんも聞いた事があるのではないでしょうか

たしかに、狙った筋肉を

意識しながらトレーニングを行う事で

意識した筋肉の働きが高まった

という実験などもあり

狙った筋肉を意識しながら

トレーニングを行うことは

悪い事ではありませんが

それだけでは、狙った筋肉を

上手く刺激できない事もあります。

今回のお客様は

スクワットでお尻の筋肉を

刺激したいとの事でしたので

フォームを見せて頂いたところ

↑の写真のように

上体を起こしたまま

膝を大きく前方に突出し

つま先に体重をかけて

スクワットをされていました

お尻の筋肉(大臀筋:だいでんきん)の

働きは股関節を動かす事なので

↑のような膝を大きく動かすスクワットでは

いくら「お尻の筋肉を使うんだ!」と

意識しても大臀筋を強く刺激する事はできません。

大臀筋を刺激したいのであれば↓のように

お尻を後方に突き出すようイメージで

スクワットを行い

股関節を大きく動かす必要があり

今回のお客様も

↓のフォームで行って頂いたところ

お尻の筋肉を使っている感じを

感じて頂く事ができました!

このように、

刺激したい筋肉が働きにくいフォームで

トレーニングを行っている場合

いくら「この筋肉を使うんだ!」と思っても

強く刺激できない事があります。

そのような場合には、是非お近くの

パーソナルトレーナーへご相談ください。

「もう少しお尻を後ろに引いて」や

「肘の関節を大きく動かして」など

具体的なアドバイスをもらえ

トレーニングの質が高まります!

逆に言うと

「お尻を意識して」や

「体幹を意識して」など

意識についてのアドバイスしか

してくれないトレーナーは

あまり良くないかもしれません。

(あえて意識についてのアドバイスをする事もあります)

トレーナーに頼らず

ご自分で出来るようになりたい方には

機能解剖学をおススメ致します。

機能解剖学は

骨や筋肉などの形や動き方などを学ぶ

トレーナーであれば

まず間違いなく学んでいる内容です。

機能解剖学などが初めの方には

医道の日本社さんの

【身体運動の機能解剖】

という本がおススメです。

(↑本のタイトルをクリックで

amazon商品ページに飛びます

私と医道の日本社さんとは

何の関係もありませんので

ご購入は各自でお願い致します)

私も初めて買った機能解剖学の本は

↑の本で、イラストも見やすく

今でも使っています。

と、少し話がそれましたが

狙った筋肉を上手く意識できない時は

まずは、狙った筋肉を刺激しやすい

フォームでトレーニングできているかを

確認する事をおススメします!

というお話でした。

↓この他の記事も是非ご覧ください↓

IMANAMI GYM 公式ブログ

ではでは 本日はこの辺で 失礼致しマッスル!\(^o^)/