【クレアチンはドーピング?】

最終更新: 5月6日


ご覧の皆様こんにちは!

どうも、僕です!

北九州市小倉南区の

パーソナルトレーニング&ダイエット

IMANAMI GYM (イマナミジム)

トレーナーの今浪勉です!

IMANAMI GYM ホームページ↓

https://www.imanamigym.com/


オンラインダイエットコース↓

https://www.imanamigym.com/ond


今回のブログは

クレチンという

サプリメントについてお話します。

クレアチンは

私達の体内にもある成分で

食べ物では肉や魚などにも

含まれていますが

含まれている量が少なく

サプリメントで摂る事で

・パワーアップ

・瞬発力アップ

・持久力アップ

・筋肉量アップなど

いろいろな効果が期待できます。

このような効果が期待できるのは

クレアチンが人間の体内にある

ATP(エーティーピー)という

エネルギー源の材料になるからですが

沢山飲めば

より効果が出るわけではなく

1日5g程度を1ヶ月程飲み続ければ

クレアチンの効果を十分に出すことが出来ます。

クレアチンには

いろいろな効果の期待できるので

「ドーピングにはなりませんか?」という

ご質問を頂く事もありますが

通常のクレアチンサプリメントは

ドーピングにはなりません。

日本オリンピック委員会さんの

HPによるとドーピングとは↓

競技能力を増幅させる

可能性がある手段(薬物あるいは方法)を

不正に使用することであり

スポーツの基本的理念である

フェアプレーに反する行為

とのこと

つまり、

ルールで禁止されている

成分(禁止物質)を飲んだり

禁止されている方法を使って

競技力を上げる事がドーピングです。

ドーピングが発覚すると

故意に行った場合はもちろん

誤って禁止物質を飲んだ場合にも

出場停止などの罰則を

科せられ事があるので

ドーピング検査を受ける

可能性が有る方は

サプリメント等を飲む際は

気をつけなければいけません。

具体的な方法としては

サプリメントを選ぶ際に

第三者機関からのチェックを

受けている物を選ぶ事をオススメしています。

例えばサプリメントメーカーDNSさん↓は

http://www.dnszone.jp/

イギリスのLGC社の

INFORMED-CHOICE

(インフォームドチョイス)という

検査を受けているようです。

このように、

自社での検査ではなく

第三者からの検査を受けている物を

選ぶことで、サプリメントによる

意図しないドーピングを避ける事ができます。

この他にも

スポーツファーマシストという

ドーピングの知識を持った

薬剤師さんもおられ

↓のページで検索できますので

https://www.sp.playtruejapan.org/about/index.html

心配な方はご相談されると良いかと思います。

ちなみに、

上記のような機関の検査を

受けていないサプリメントが

全てドーピングというわけではありません。

むしろ、ほとんどのサプリメントは

健康上もルール上も問題なく

健康や体力が向上するものも多いと思います。

実際、私も上記以外のサプリメントも飲んでいます。

というわけで

HMBはドーピングにはならない!

心配な場合は検査を受けた

サプリメントを選びましょう!

というお話でした!

↓この他の記事も是非ご覧ください↓

IMANAMI GYM 公式ブログ

ではでは 本日はこの辺で 失礼致しマッスル!\(^o^)/