【遺伝子検査を受けました!(ACTN3)】


ご覧の皆様こんにちは!

どうも、僕です!

北九州市小倉南区の

ダイエット&パーソナルトレーニング

IMANAMI GYM (イマナミジム)

トレーナーの今浪勉です!

IMANAMI GYM ホームページ↓

https://www.imanamigym.com/

今回のブログは

先日、私が受けた遺伝子検査についてお話します!

まず、遺伝子について

私達の体の細胞には

核という部分があります。

核の中には染色体があり

染色体は半分を父親から

もう半分を母親から受け継ぎます。

この染色体には

DNAが含まれており

DNAには私たちの体の形や

体質に関する様々な情報が記されており

この情報が遺伝子です。

最近では遺伝子についての研究が進み

ある特定の遺伝子について検査する事で

病気にかかるリスクや

運動やダイエットに関わる体質などを

調べることが出来るようになってきました。

調べる方法も簡単で

今回私が受けた方法では

インターネットで申込みを行うと

郵送で検査キット↓が送られてきます。

箱の中には説明書となどと一緒に

試験管↓が入っており

試験管の中にある綿棒↓で

口の中を数回こすり

試験管に戻して郵送で送り返すと

約2週間ほどで結果がわかります。

いろいろな種類の検査がある中で

今回、私が受けたのは

ACTN3(アクチニン3)という

遺伝子についての検査です。

ACTN3遺伝子には

RR型、RX型、XX型の3種類があり

3つの内どのタイプの遺伝子を

持っているかを調べる事で

速筋(瞬発力に優れた筋肉)が

発達しやすいパワータイプ(RR型)か

遅筋(持久力に優れた筋肉)が

発達しやすい持久力タイプ(XX型)か

どちらも兼ね揃えている

バランスタイプ(RX型)かを

知る事ができます。

ACTN3遺伝子については

様々な研究がされており

ジャマイカ人の

エリート瞬発系スポーツ選手

(短距離、跳躍、投てき)

男女116名を調査したところ

RR型が約75%

RX型が約22%

XX型が約2%だったという研究や

(ジャマイカ人には元々XXが非常に少ない)

一般の方のACTN3遺伝子の割合が

3:5:2(RR:RX:XX)だったのに対して

オリンピックレベルの

スプリント/パワー系選手の場合

5:5:0(RR:RX:XX)だったという研究

外側広筋という

太ももの筋肉を調べたところ

XX型の人と比べて

RR型、RX型の人のほうが

速筋線維が多かったという

日本の研究などがあります。

このような研究結果から考えると

トレーニングでバーベルなどの

重たい物を持ち上げて

筋肉を大きくしたい私としては

ぜひともRR型もしくはRX型の

遺伝子が欲しいところですが

残念ながら

私のACTN3遺伝子は

XX型の持久タイプでした。

確かに、小さい頃から

短距離走よりも持久走のほうが得意でしたし

部活のテニスでも剛速球は苦手ですが

ラリーはずっと続けられました。

うすうす感じていてはいましたが

実際にXX型だと言われると

何とも言えない感があります。(笑)

ですが、

遺伝子についての研究では

まだわかっていない事も多く

約2万2000個ある遺伝子のうち

1つの遺伝子の型だけで

体質を決め付ける事は

できないかもしれませんし

RR型やRX型よりもXX型の方が

トレーニングによる

筋力の伸び率が良かったという研究や

筋肉が大きくなるかには

遺伝子よりも運動や栄養などの

環境の影響の方が強いという話もあるので

ACTN3はXX型ですが

私はこれからも鍛え続けます!

ちなみに、最近では

UCP-1やβ3-ARなどの

遺伝子を調べてダイエットに役立てる

という物もあるようですが

先ほども言った通り

遺伝子については

わかっていない部分も多く

1つの遺伝子の型だけで

体質を判断するのは

まだ早いかもしれません。

簡単に調べる事ができ

値段も安くなってきているので

(私が受けた検査は5,000円程度)

ご自分の遺伝子に興味がある方や

1つの意見として見るにはいいと思いますが

検査結果やそれに基づくダイエット方法に

振り回されないように気をつけましょう!

というわけで

遺伝子検査を受けてみたら

ATCN3遺伝子がXX型でしたが

トレーニング大好きなので

引き続き鍛えます!

というお話でした!

↓その他の記事も是非ご覧ください↓

IMANAMI GYM 公式ブログ

ではでは 本日はこの辺で 失礼致しマッスル!\(^o^)/