【スクワットはどこまでしゃがむ?】

最終更新: 5月6日


ご覧の皆様こんにちは!

どうも、僕です!

北九州市小倉南区の

パーソナルトレーニング&ダイエット

IMANAMI GYM (イマナミジム)

トレーナーの今浪勉です!

IMANAMI GYM ホームページ↓

https://www.imanamigym.com/


オンラインダイエットコース↓

https://www.imanamigym.com/ond


「スクワットをやってみようと思います

どこまでしゃがめばいいですか?」

というご質問を頂きましたのでお答えします。

スクワットは立った状態から

一度しゃがんで立ち上がる

下半身(太もも、お尻など)のトレーニングで

使うトレーニング器具や

バーベルを担ぐ位置などで

沢山の種類が有りますが

今回はバーベルを担いだ状態での

スクワットでご説明します。

スクワットはしゃがむ深さによって

強く刺激される筋肉が変わるので

特に刺激したい筋肉があれば

この深さでなければいけない!

という深さはありませんが

今回の方のように

特に目的の筋肉は無く

ひとまずスクワットをやってみたい

というような方は

代償動作が出ない所まで

しゃがみましょう!

代償動作(だいしょうどうさ)というのは

ある動きをする際に

本来、動かしたい部位とは

別の部位が動いてしまう事で

スクワットの場合に多い代償動作は

深くしゃがみ過ぎて

腰が丸くなってしまう事です。

どういうことかというと

本来スクワットを行う際は

股関節を曲げて行い

こういう形↓で

しゃがんだ時も

背筋をまっすぐに保ちたいのですが

股関節の曲がる幅以上に

深くしゃがみ過ぎると

腰に代償動作が出てしまい

このように↓腰を丸めてしまいます。

こうなると必ずケガをする。

というわけではありませんが

腰への負担は大きくなるので

特別な理由がなければ

まずは代償動作が出ない所まで!

背筋をまっすぐのままで下せる深さまで!

しゃがむ事をおススメします!

と言っても

どこまでしゃがむと代償動作が出るかは

人によって差が有りますし

スクワットの際に腰が丸くなっているかは

自分では確認しにくいので

気になる方は是非

お近くのパーソナルトレーナーへ

依頼しましょう!

きっと適切なスクワットの深さを

教えてもらえます!

というわけで

スクワットは代償動作が

出ない所までしゃがみましょう!

というお話でした!

↓この他の記事も是非ご覧ください↓

IMANAMI GYM 公式ブログ

ではでは 本日はこの辺で 失礼致しマッスル!\(^o^)/