【トレーニング(筋トレ)を行う際は使っている筋肉を意識した方がいい?】

最終更新: 5月6日


ご覧の皆様こんにちは!

どうも、僕です!

北九州市小倉南区の

パーソナルトレーニング&ダイエット

IMANAMI GYM (イマナミジム)

トレーナーの今浪勉です!

IMANAMI GYM ホームページ↓

https://www.imanamigym.com/


オンラインダイエットコース↓

https://www.imanamigym.com/ond


今回のブログは

筋トレを行う際は

使っている筋肉を意識した方がいいか?

についてお話します。

皆さんも

「筋トレを行う際は

使っている筋肉を意識した方効果が高くなる」

という話を聞いた事があるかと思います

21名のトレーニング経験のある男性を対象に

3RMの60%の重量で

(100kgを3回上げれる人の場合60kg)

ベンチプレスを行う際の

筋肉の働きを筋電図を使って調べた実験では

胸筋の動きに意識を集中させ

できるだけスムーズに動かすようにしたところ

特に何も意識せずに行う場合よりも

大胸筋(胸の筋肉)や三角筋(肩の筋肉)

上腕三頭筋(二の腕の筋肉)などが強く働きました。

また、同じ実験のなかで

使っている筋肉ではなく

バーベルを持ち上げるという

動きに意識を集中した場合も

特に意識をしない場合と比べて

大胸筋、三角筋、上腕三頭筋などの

筋肉の働きが高まりました。

この結果から考えると

トレーニング(筋トレ)を行う際は

何も意識せずに行うよりも

使っている筋肉や動きを意識することで

より強く筋肉を刺激できそうです。

ただし、

狙った筋肉を的確に刺激するには

筋肉や動きを意識するだけでなく

目的の筋肉を刺激できるフォームで

トレーニングを行う事が非常に重要です。

というわけで

より強く筋肉を刺激したい場合は

的確なフォームで行いつつ

筋肉や動きを意識しながら

トレーニングを行いましょう!

というお話でした!

↓この他の記事も是非ご覧ください↓

IMANAMI GYM 公式ブログ

ではでは 本日はこの辺で 失礼致しマッスル!\(^o^)/